巧妙すぎる!ネットワークビジネスの勧誘方法

どうして、ネットワークビジネスで友達を勧誘するのかなー?
しなくても、ネットワークビジネスできるのに。。。

ネットワークビジネスをするにあたって、必要な活動は。。。

!!!勧誘!!!

☆ 商品を愛用してくれる方を勧誘、
☆ 自分と一緒に、ビジネスを広めてくれるビジネスパートナーを勧誘

ともかく「どれだけ勧誘できるか」が成功の鍵だと言われます。

従来のネットワークビジネスの勧誘方法

ともかく、勧誘してビジネスパートナー(ダウン)を作らないと、

グループが大きくならない。

一般的には、自分の人脈を勧誘する活動から始まります。

そして、自分のアップ(ネットワークビジネスを紹介してくれた人)と

一緒にカフェなどで、勧誘をしていったり(ABC)、

セミナーに連れていったり。。。

そして、興味を持ってくれたなら、ネットワークビジネス会社に登録!

でも、最近では、そういった一般的な勧誘活動以外にも、

巧妙!と言わざるをえない勧誘方法も。。。

ネットワークビジネスのデート商法

最近は、ネットワークビジネスの活動がFacebookや「出会いサイト」といったSNSに

移っているようです。

例えば、Facebookでは、「お友達」をたくさん作り、お友達リストが集まったところで、

「イベントの招待」。ただし、イベントでは「ネットワークビジネス」という内容は

伝えておらず、参加した人が「あれ?これってネットワークビジネス。。。?」

となる場合も。 ちなみに、ネットワークビジネス関連のイベントを主催するのであれば、

ちゃんと「ネットワークビジネスの話をする」と事前に伝えておかないと、

「ブラインド勧誘」と違法行為になります。

また、「出会い」サイトにも、「勧誘目的」で登録する人もいるようです。

そして、出会いサイトで仲良くなり、LINEなどを送る間柄になったら、

「ネットワークビジネスの勧誘目的」で会う約束を取り付けたり。

もちろん、これも事前に伝えておかないと「ブラインド勧誘」となります。

ネットワークビジネスのスポーツイベント

他にも、フットサルといったスポーツイベントを主催し、そこで、

ネットワークビジネスで勧誘する人脈を作ったりします。

スポーツというイベントでは勧誘しませんが、その後の「打ち上げ」などで、

うまーく勧誘話に持っていくようですね。

例えば、スポーツをして汗を流した後に、ビールを一杯。

ちょっとほろ酔い気分の時に、「夢に向かって頑張っていることがあるんだけど、ね」なんて

話をされ、気がついたら勧誘話、という場合も。。。

ネットワークビジネスの読書会・ゲーム会

ネットワークビジネスのバイブルとも言える書籍、ロバート・キヨサキの

「金持ち父さん、貧乏父さん」

読書会では、自分の「好きな本」を参加者が持ち寄って紹介するものから、

その場で一冊の課題本を読む会があります。

この読書会には、「向上心が高い人」が集まる傾向が。

そこで、「好きな本」の「金持ち父さん 貧乏父さん」を紹介し、

もし興味を持った「向上心の高い人」がいたら、読書会が終わった後で、

連絡先を取り交わしたりと人脈を広げていきます。

そして、その後によくあるパターンが、「キャッシュフロー・ゲーム」というゲームにも

参加しよう!というお誘い。

「キャッシュフロー・ゲーム」は、「金持ち父さん」に書かれてあるように

「ラットレース」をいち早く抜け出せるか、というゲームです。

このゲームを通して、「ネットワークビジネス」がいかに、

「ラットゲーム」から抜け出すための手段かという話に持っていくんですね。

そんな人を騙すようなやり方は、したくない!

ネットワークビジネスでは、人脈が大事。

それは事実です。でも、上記のような方法で、

ネットワークビジネスをする必要は、ないんですね!

実は、人脈を作るためのイベントに参加しなくても、人脈を作る方法があるんです。

それは、インターネットを使うこと。

FacebookといったSNSを使っても良いのですが、一番は、

「インターネット検索」を利用すること!

どういうことかというと、このブログを読んでおられるあなたは、

「ネットワークビジネス」を知りたくて、読んでおられるはず。

「インターネット検索」を利用して、興味のある人を

自分のブログなどに集めればいいのです。
もう友達は誘わなくても、いいんだよ!


3d2c22fb5c8fce13482293338b4bcee5.gif

↑友達を誘わないネットワークビジネス、7日間の無料セミナー受付中