ネットワークビジネス、「お茶」だけで終わるなら、止めたほうがいい!

ネットワークビジネスでは、お茶会を開いて勧誘するパターンが多いですね。
お茶をしながら、さりげなーく勧誘に持っていこう。。。
そんな魂胆で、お茶会開いていませんか?
でも、玉砕!そんなんだったら、お茶会、止めた方がいい!

45c3b96d41892e0c78c4ab83e2efd41e_s.jpg

■ 気が付けば、お茶代ばかりが増えていく ■

毎回、自宅でお茶会ができたらいいのですが、そう上手くいきません。
都心よりも離れていたりすると、まず、遠方の知り合いは来てくれないかも。
そのため、交通の便を考えて、コーヒーショップやカフェでお茶することが多いと思います。

「お茶」だったら、金額もそこまでかからないから~
と思うのは間違っています。

「お茶」の金額でも、勧誘できずに終わってしまえば意味ありません。
だって、「チリも積もれば山となる」ですよ。
例えば、600円のお茶代でも、10回となると、6000円です。
勧誘できなければ、活動すればするほど、貧乏になってしまうのです。。。!

■ 実は相手も気が付いている ■

楽しくおしゃべりするのも良いのですが、
本来の目的を忘れてしまうくらいのおしゃべりはいけません。

また、勧誘トークに入るために、無理やり「ビジネス」の話に持っていこうとしていませんか?

私もついこの間、お茶をしながらネットワークビジネスの勧誘を受けたことがあるのですが、
相手が何か言いたそうにしているのって、分かるんです。
でも、切り出し方が「唐突」すぎる。

学生時代の話で盛り上がっていたのに、急に。。。
「今の生活って満足している?」とか「最近、メンター的な人に出会って」とか。

「きっと勧誘されるな~」と勧誘される側の私の方が居心地悪かったと思います。

でも、勧誘するのに慣れていないのか、なんとなく「自信がない」ように見受けられました。

「自信のなさ」というのは、やっぱり分かってしまうので、
ネットワークビジネスを始めたばかりで自信がない人は
アップを連れてきた方が上手くいくんじゃないでしょうか。

個人的な感想ですが、初心者で、口コミ勧誘で成功したい!と思っている方は、
アップにABCをしてもらえるように頼んだ方が良いと思います。
ただし、その際は、相手に「なぜお茶をするのか」という理由を伝えないと
いけませんよ~。
ブラインド勧誘は、違法です!

子供.jpg

■ 口コミ勧誘は苦手だ ■

ネットワークビジネスの権利収入には、非常に魅力があるけれど、
口コミ勧誘は苦手だ、、、、
という方は、勧誘の方法を検討した方が良いかも。

私は、そういった方には、インターネットでのネットワークビジネスをおススメします。

今は、何かあると、インターネットで検索する時代。
それなら、あなたがお茶代を出して、勧誘する必要はありません。
権利収入に興味を持った人を集めることができれば、ダウンを作っていけると思いませんか?
相手が、あなたの話を聞きたがる、そういうアプローチはどうでしょう?

バナー.jpg

私はコレで、寝ている間にダウンができました!
↑7日間のメールセミナー受付中。