アムウェイの勧誘がしつこい、そんな場合はこうするのだ!

ネットワークビジネスの代表と言えば、アムウェイ(日本アムウェイ)ですね!

なんてたって、日本のネットワークビジネス売り上げ高ランキングで、堂々の1位。
しかも、この数年、ずっと堂々の1位をキープしています。

さすがですね!

そんなアムウェイですが、アムウェイの勧誘がしつこくて、嫌だ!
と思って困っている方もいるとか。。。

ネットワークビジネスは、
「誰かを勧誘して、ビジネスパートナーであるダウンを増やし、グループを拡大する」
ことによって、収入を得ることができます。

つまり、勧誘してダウンを作れば、自分の収入も増えていきます。
そのため、勧誘による人間関係のトラブルが起きやすいのも事実です。

ルールやマナーをちゃんと守って勧誘をするのであれば、問題も少ないのでしょうが、
残念ながら、どうしてもダウンを作りたい!と(良くない意味で)
頑張りすぎてしまうディストリビューターがいるようです。

勧誘された方は、興味がないのに勧誘されるので、

●しつこい
●うざい
●困る

と感じるようですね。

そんなアムウェイに現在、誘われているあなたに、
上手な断り方の極意をお教えします!

断っても、相手を傷つけたくない

きっと、勧誘をされた多くの方が、
相手を傷つけずに断りたいと思っているのではないでしょうか。

ネットワークビジネスは、基本口コミ勧誘です。

口コミ勧誘は、自分の人脈にネットワークビジネス会社(例:日本アムウェイ)の
製品の素晴らしさを伝え、ダウンや愛用者ができると、
紹介料として「権利収入」を得ることができます。

そのため、

  • 家族
  • 親戚
  • 友人
  • 昔のクラスメート
  • 知り合い
  • 同僚

というように、「自分の知っている人」から声をかけて勧誘していくことになります。

でも、「アムウェイ、いいんだよ〜」と話をされても、
興味がなかったら、正直、困ってしまいますよね。。。

しかも、相手が大事な家族や友達だったら。。。?

どうしたら、傷つけずに断れるか、
悩む気持ちもわかります。。。。

上手な断り方をするための、4つのポイント

● 相手を認める
● 曖昧な態度を取らない
● 現状に満足している旨を伝える
● きっぱりと態度に表す

1。相手を認める

アムウェイに参加したからといって、相手を責めたり、
説得しようとはしないでください。
真剣に考え、アムウェイの可能性を信じて、アムウェイを始めたんです。
それなのに、アムウェイがネットワークビジネスだったからと、
むやみに反対するのは、相手を否定することになります。

「アムウェイ、確かに可能性はありそうだね」

たった、これだけでいいんです。
アムウェイを選んだことを、認めてあげてください。

2。絶対に、曖昧な態度を取らない

アムウェイに興味がなければ、絶対に!
お友達(家族)だからという理由で、
セミナーなどに参加しないでください。

セミナーに参加してくれた!きっと、興味があるんだ♪
こう思って、ずーっとアムウェイの勧誘が続きますよ。

興味がないなら、期待させない。
恋愛でも同じですよね?
曖昧な態度でいたら、ストーカーに発展してしまう場合もあります。。。

3。現状に満足している、これ以上、望む生活はない!
そう、しっかりと伝える

アムウェイに興味がないなら、ともかく
「今のこの生活が好き、満足している
これ以上なにも望まない!」
ということを伝えてください。

きっと、
「もっと、夢を持とうよ!」
「将来、年金+アムウェイだと安心できるよ」
「アムウェイだったら、将来も楽しいものになる」
「アムウェイで夢を叶えよう!」

こういったポジティブな提案をされるかもしれませんが、
「今以上の生活は必要なし、ともかく!
現状にものすご〜〜く満足している」ことをしっかりと伝えてください。

4。きっぱりと、毅然な態度をとりながら、明るく断る

アムウェイだけでなく、ネットワークビジネスをしている人は、
自分のグループを大きくすることを目標としています。

そのため、断っても、何度もアプローチされるかもしれません。
面倒かもしれませんが、その都度、相手を認めながら、
現状に満足していることを、しっかりと伝えてください。
はっきりと、明るく断り続けてください。
決して、怒ったり、責めたり、説得しようとはしないでくださいね。

【暴露】口コミやめたら、ダウンができた!

↑7日間の無料セミナー受付中
あなたの常識が変わる。。。!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする