アムウェイで1000万円の収入!でも、●●●で確定申告しなくても良い!?

アムウェイから、毎月の不労所得がはいるようになった!

嬉しいですね!
でも、喜ぶのはちょっと早い!

アムウェイが本業、副業であれ、ある程度の収入を得られるようになったら、
避けては通れない「確定申告」。
税金を収めるのが、国民の役目ですからね。忘れちゃだめですよ。

一体どれくらい稼いだら確定申告する必要があるの?

  • アムウェイが「本業」の方は、所得が38万以上を超えた場合
  • アムウェイが「副業」の方は、所得が20万以上を超えた場合

ここで覚えてもらいたいのは、所得はアムウェイからの収入ぜんぶ、ではありません。
経費を引いた金額です。

つまり、
所得=収入ー経費

所得:収入から経費を引いた金額
収入:アムウェイからもらった報酬額
経費:収入を得る上で要した費用

そのため、アムウェイビジネスで使った経費をしっかりと理解しておくことが、
税金対策にもなります。

アムウェイビジネスに使った金額が全て、経費として見なされる訳ではありませんが、
領収書は絶対に捨てずに保管してください。

アムウェイビジネスの経費

アムウェイは口コミ勧誘がメインですね。
そのため、アムウェイでは、ビジネスを広げるために使うお金があります。

どういったものがアムウェイの経費と見なされるかというと、

交通費: セミナーに参加するための使ったタクシー代やバス代
宿泊費: セミナーに参加するために使った宿泊費
交際費: 勧誘するために使ったお茶代、BBQパーティなどを開催した費用
通信費: 勧誘するために使った携帯・スマホ代やインターネット代
販即費: セミナーで配るために用意したサンプルの費用など
新聞図書費: アムウェイビジネスの勉強をするために購入した書籍

といったものが挙げられます。

他にも、自宅を定期的にアムウェイの勉強会として利用する場合などは、
賃貸(部屋代)や光熱費も経費と見なされます。
もし大規模なイベントにスピーカーとして参加する場合、
新しい服を購入したら、それも経費となります。
BBQパーティを開催したら、食材費、光熱費、紙コップなどの
包装資材費も経費となります。

極端な例を出すと、
アムウェイで1000万円稼いでいても、経費が963万円以上あれば、
所得が38万円を下回るので、確定申告をする必要がないんですね。

もちろん、かかった金額の全てが経費と見なされるわけではありません。
必ず、税理士さんとご確認ください。

税理士さんの見解にもよりますが、一般的に
「収入を得るためにかかった(常識的な範囲の)お金」が経費となります。

YOTA82_OKdemashita15124015_TP_V.jpg

アムウェイで成功したいのなら、しっかりと税金対策をしましょうね!

【間違っています】ネットワークビジネスに経費がかかるのは、仕方ない!
↑もし、アムウェイで確定申告ができるくらいの所得を得ろう!
と思っているのなら、絶〜対にクリックしないでください。
その秘密は、、、7日間の無料セミナーでご確認ください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする