アムウェイ、今から始めても遅くない理由

アムウェイを広めるだけで、
権利収入から得られる不労所得に魅力は感じる。

けれど、今から始めても、本当に遅くはないのか?
もしかしたら、後から参加したら、アップだけが楽に儲けられるのか?

ネットワークビジネスを始める方は、きっと色々心配だと思います。

ネットワークビジネスは、先にスタートした人にチャンスがある、と
思われがちですが、実は、後から始めても大丈夫なんです。

ネットワークビジネスは、連鎖販売取引です。
連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)とは、特定商取引法第33条で定義される販売形態のこと。日本では俗称としてマルチ商法などと呼ばれ、別途法律で禁止されている無限連鎖講(いわゆるねずみ講)と近接する事例も多い。英語では”Multi-level marketing”(マルチ、マルチレベルマーケティング、MLM)あるいは”network marketing”(ネットワークマーケティング)と呼ばれる
引用:Wikipedia

連鎖販売取引というと、ねずみ講をイメージしてしまいそうですよね。
でも、ねずみ講とネットワークビジネスは全く別物です。
ネットワークビジネスは「実在する商品やサービス」を扱っていますが、
ねずみ講は「お金」だけを扱っています。

どういうことかというと、ねずみ講では「自分より後から入った参加者から紹介料を得るための権利」に対してお金のやりとりがあるのです。

また、ねずみ講は「無限連鎖」という正式名称の通り、
無限に金品を支払う会員が増えることを前提としています。
上位の会員が下位の会員を増やしていくことで、
無限に上位会員に利益が分配される仕組みとなっています。

でも、ネットワークビジネスでは、先に入った人にどんなにダウンができても、
「無限」に利益が入ってくる仕組みにはなっていません。
会社によって、収入プランは違っていますが、ちゃんと収入範囲が決まっています。

そのため、ねずみ講と違って、後から参加した人でも、
ちゃんと稼ぐことができるビジネスモデルとなっています。
もちろん、 アムウェイのように会社が有名になる前から始めていた方の方が有利ですが、
必ずしも先発組だけが稼げるわけではありません。

先にスタートしていても、誰も勧誘できなければ、稼げられません。
後からスタートしても、勧誘が得意であれば、しっかりと稼げます。

どの業界も同じだと思いますが、稼げる人は稼げる。
でも、稼げない人は稼げない。
それだけなのです。

どうしたら稼ぐことができるのか?

誰もが知りたいと思っている秘訣だと思います。
アムウェイで成功したいと思ったら、
色々な人に話をしなければ始まりません。

ただし、急にアムウェイの話をするのではなく、
最初は相手の環境をヒアリングして、
勧誘しても良いかどうか判断した方がいいでしょう。

たくさんの方と話していると、
アムウェイの権利収入に興味を持った人、
商品を1回だけ購入した人、定期的に購入してくれる人、
現状に不満を持っている人、
と色々な人がいることでしょう。

その中でも、
アムウェイの話をもっと聞きたい、
現状に不満を持っているという方だけを対象に集客すれば、
成功するスピードも早くなります。

最後に、失敗しない秘訣も、、、
何度も「アムウェイ、どう?」と話すとダメですよ。
相手が興味を持っていなければ、どんなに勧誘しても、ウザがられますからね!

嫌われた理由が分からないと、次も失敗します!
↑7日間のメールセミナーで、その秘密を無料公開中!
メールセミナー登録中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする